TOTAL ENGINEERING FOR ROTATORS | 国際計測器株式会社
事業内容
会社情報
事業内容
事業内容
バランシングマシンの働き
製品情報
IR情報
採用情報
お問い合わせ inquiries

本社工場・第二工場・第三工場で認証取得
バランシングマシンの働き
バランシングマシンの働きTOP 振動の原因 「釣り合い良さ」の追求 バランシングマシンとは 振動計測技術
振動計測技術

国際計測器の「振動計測技術」とは、振動の原因となる「不釣り合い」「力」「振れ」を計測し、それを修正する技術を総称しており、それぞれ次のような製品を開発・製造しています。

振動計測技術とは...
「不釣り合い」の計測
 バランシングマシン
計測する部品を回転させて不釣り合いを計測
「力」の計測
 ユニフォーミティマシン(※)
タイヤを実走状態に近い状態で、回転させて路面との間に発生する反発力を計測
 地震計
全方向からの地震振動の加速度を計測(東西南北および上下動方向にセンサーを設置して計測し、その波形を演算処理する)して、気象庁の定めたアルゴリズムに従って計測震度を表示するとともに地震波形を記憶、後日にそのデータを取り出すことができるか、もしくは関係機関へ送信する機能を有したネットワーク対応型のもの
「振れ」の計測
 シャフト歪自動矯正機・歯車噛合試験機、ホイールやタイヤなどの形状(振れ)測定機
計測する部品を回転させて歪みを計測
完成タイヤのユニフォーミティ試験(Uniformity Test=形状試験、均一試験)とは、加工行程においてタイヤの肉厚や強度にバラツキが出るため、その誤差が規格内に入っているかどうかをチェックするものです。試験方法としては、タイヤにダミーリムを装着し、所定の空気圧を与えて路面に相当するドラム(円柱状の擬似路面)を一定の力で押し当て(通常そのタイヤの受け持つ荷重分:乗用車の場合は500kg程度)、タイヤの反発力の変位量を測定してそのタイヤの良し悪しを判定します。
ページの先頭へ
Copyright(C) KOKUSAI CO.,LTD. All Right Reserves.
HOME お問い合わせ English お問い合わせ サイトマップ このサイトについて アクセスマップ >